小さなごちそう

小さなごちそう

プロダクトマネジメントや日々の徒然について

B2Cのリード育成にはFacebookページが適しているのではないか

Facebookはマーケティングツールとしてとてもよく出来ている。
Facebook広告を使ってFacebookページに集客し、ページを購読(Like)してもらうことで見込み客と継続的な関係構築ができる。実に画期的な仕組みだと思う。
 
Adwordsなどのリマーケティング広告では訪問履歴のあるネットユーザーに繰り返し同じ広告を見せ続けることになる。Facebookページであれば関心を持って購読に至ったユーザーに対して様々なコンテンツを配信できる。
 
まだ勉強中だがHubSpotを使うとコンテンツによって検索流入を増やし、メールマガジン購読などに導くことでリード獲得と育成を行うといった仕組みを比較的簡単に作ることができるらしい。
 
HubSpotで気になるのは情報の配信手段だ。BtoBの領域だと見込み客への情報提供手段としてはメールは適切だが、BtoCの領域だとメールはプッシュ感が強すぎるのではないかと感じる。RSSリーダーは普及するどころか利用者が減少しているようだし、BtoCの領域で見込み客と継続的な関係を構築をするツールとしてはFacebookページが適しているように思える。
 
購読者のプロファイルごとに配信するコンテンツを指定できればさらに良いのだが、今のところFacebookページにそこまでのターゲティング機能は無い。こうした仕組みについては実はGoogle+が洗練させて行くんじゃないかと密かに期待している。