小さなごちそう

小さなごちそう

プロダクトマネジメントや日々の徒然について

【Product Manager 1on1】参加者募集のお知らせ

現役プロダクトマネージャーとして活躍中の皆さんのお悩み相談会(1on1)を、2018年の11月末までに100回実施いたします。

時間:1h〜1.5h
場所:弊社会議室(渋谷駅徒歩5分)
時間帯:日中あるいは20:00ぐらいまで
ゴール:ご自身の悩みや課題についてお話を伺い、その過程で解決方法やNext Actionに気づいていただく
申込方法:TwitterのDMにてご連絡ください 下記のイベントページからお申込みください。

【2018/03/10追記】4月分の空き枠が残りわずかです。5月枠の追加をTwitterでお知らせしますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。

一応書いておきますが、無料でお受けします。2017年12月2日現在、4名の方にお申込みいただき、2名の方と実際に1on1させていただきました。ご不明点があれば同じくTwitterのDMかMentionで聞いてください。

お聞きしたことは口外しません。話せる範囲、話したい範囲でお話しいただければ結構です。ただし、具体的なアドバイスは期待しないでください。もちろん私の知っている範囲で参考になりそうなことがあればお伝えしますが、対話を通じてご自身で問題を整理していただくことがこの1on1のゴールとなります。

【2017/12/03 追記】沢山の方からご連絡をいただいており、1on1実施まで1ヶ月くらいお待ちいただく可能性があります。申し訳ありません。ご連絡いただいた順に日程調整させていただきます。

なぜやるのか

なぜこの1on1をやるのか。理由は沢山あるのですが、いくつかピックアップしてご説明します。

約12年間プロダクトマネージャーとして「プロダクトを作る」ということに向き合ってきました。これからもプロダクトを作ることに向き合い続けたいと思いますが、最近様々なことをきっかけに、
・「プロダクトを作る人」を作る
・「プロダクトを作る組織」を作る
・「プロダクトを作る地域」を作る
といったことに貢献したい、という思いが強くなってきました。この1on1では「プロダクトを作る人」を支援できればと考えております。

実際、プロダクトマネージャーとして孤軍奮闘している人も多いと思います。
・相談したいけど相談相手がいない。
・社内でプロダクトマネージャーが自分だけしかいない。
・実質プロダクトマネージャーをやっているのだが、PM制度が明確に導入されていないので社内で動きづらい
などなど。そうした方のサポートができると幸いです。

また、これまで色々なプロダクトマネージャーの方の考え方をお聞きするために「PMインタビュー」を実施し、記事化してきたのですが、記事作成に時間がかかりどんなに頑張っても1年間に5人くらいしかお会いできない、というジレンマがありました。記事化することでプロダクトマネジメントに関する知見を日本の中で共有したい、という思いがあったのですが、記事化については一旦お休みし、とにかく沢山のPMの方とお話しすることに集中してみることにしました。

もう一つ。最近「コーアクティブ・コーチング」というコーチングのメソッドを習いました。自分のコーチング力を鍛える実践の場とさせていただきたい、という私自身の都合もあります。

いろいろ書きましたが、要は「面白そうだからやってみたい」の一言に尽きます。

私について(簡単な自己紹介)

ってお前誰やねんと思われる方も多い(というか殆ど)だと思いますので、簡単に自己紹介をしておきます。

・早稲田大学理工学部卒業後、NTTに入社
・茨城の研究所に配属され、主にロボティクスの研究に従事
・NTTを約3年で退職し、数年間自分探しの旅にでる
・バーチャレクス・コンサルティングに入社し、コールセンター運営に関するシステム開発に従事
・サイボウズでプロダクトマネージャーとして8年間勤務
・2014年6月よりビズリーチ勤務
・2016年より実行委員としてプロダクトマネージャーカンファレンスを開催

自分がスーパーすごいPMであるという認識は全くないのですが、それなりの年数に渡ってプロダクトマネジメントに従事してきたので、話し相手としては少しはお役に立てるのではないかと思います。

プライベートなことも少々。4人家族でと息子がいます。あとバイクと車が好きです。最近はオンライン英会話にはまっています。

その他やってみたいこと

1on1させていただいた人向けのミートアップをいつかやりたいと思っています。
また1on1に参加いただいた方同士の交流の場として、Facebookグループを用意する予定です。(10人くらいになってから?🤔)
こうした取り組みと合わせて、「プロダクトを作る地域」を作る、といったところまで実現できたらなーと思っております。

以上です。ぜひお気軽にご連絡ください。

関連エントリー