小さなごちそう

プロダクトマネジメントや日々の徒然について

メルペイに入社しました

9月にメルペイに入社しました。試用期間が無事終了したので簡単に入社エントリを。 メルペイはメルカリの子会社で、「信用を創造して、なめらかな社会を創る」をミッションとしています。一言でいうと、モバイルペイメントを皮切りにテクノロジーによって金…

マネージャーの仕事はアイドルのプロデュースと似ている(気がする)

田端さんの記事に触発されて、僕も自分のマネジメントに対する考え方を書いてみたくなりました。(プロダクトマネジメントではなく、ピープルマネジメントの話です) 強制するのではなく自ら動きたくなるような環境を作れ、というのはまさにその通りだなと思…

なぜプロダクトマネージャーは「愛されるプロダクト」を創るべきなのか #pmac2018

Product Manager Advent Calendar 2018の9日目の記事です。 11月6日、7日に第三回目となるプロダクトマネージャー・カンファレンスが開催されました。前回の来場者を超える500名を超える方が参加し、とても熱気のある2日間となりました。私は今回も実行委員…

プロダクトマネージャー・カンファレンス、今年も開催します! #pmconfjp

第三回目となるプロダクトマネージャー・カンファレンスを11/6(火) - 11/7(水)の日程で開催いたします。会場はベルサール秋葉原です。今回も豪華な登壇者の皆さまをご招待しております。 今年のテーマは「愛されるプロダクトを創ろう」です。 赤とハートのビ…

MarkeZine Dayにメンターとして参加

マーケターの方にはおなじみのイベント、MarkeZine Dayのセッションにメンターとして参加させていただきました。 私が参加したのは「メンタリングセッション」で、少人数の来場者とメンターがラウンテーブル形式で対話するというもの。各テーブルの共通テー…

日本におけるキャッシュレス社会の推進について

自分用メモ。金融庁、経産省の問題意識や取り組みがよく分かる資料。 経済産業省 キャッシュレシュビジョン要約版 金融調査研究会提言 キャッシュレス社会の進展と金融制度のあり方 経済産業省 キャッシュレスの現状と推進 経済産業省 FinTechビジョンについ…

PO祭り2018 Summerに参加してきました #postudy

七夕に開催されたPO祭りに、ブロガー枠で参加させていただきました。 ログミーで書き起こしが公開されるとのことなので、イベント全体の個人的な感想を書き残しておきます。 今回のイベントは、発表時間が5分or10分間で一日トータル41件の発表。スタートアッ…

日本でフリクションレス・ペイメントを実現するにはどうすれば良いのか

このところ「お金を支払う」という行為をどうすれば簡便にできるのか、ということをいつも考えている。Apple WatchでApple Payを使うようになってから財布を持ち歩かなくなった。iDかSuicaが使えるところを選んで買い物をする。店員に「iDで」と伝えてApple …

良いテックリード、悪いテックリード

本記事は、下記の記事の翻訳です。著者の許可を得て翻訳しました。 この記事はフォースクエアの技術的リーダーシップを簡潔に説明したガイドだ。ベン・ホロウィッツの「良いプロダクトマージャー、悪いプロダクトマージャー」からインスピレーションを得てい…

Product Manager 1on1、その後の経過報告

昨年11月から開始したプロダクトマネージャーの方々との1on1ですが、おかげさまで沢山のお申込みを頂き、約2ヶ月で18名の方とお会いして1on1させていただきました。1年間で100回の1on1実施を目標としていますので、2ヶ月で18/100はまずまずのペースではない…

「今年こそ英会話力を向上させたい!」そんなあなたにお勧めする5つのYouTubeチャネル - 2018年版

あけましておめでとうございます!(すみません、お察しの通りタイトルはホッテントリ入りを狙った釣りです。)さて突然ですが、今年の夏にサンフランシスコで開催されるプロダクトマネージャーのカンファレンス、Mind the Product Conferences 2018に参加し…

プロダクトマネージャーに訊く #10:ウォンテッドリー久保長さん

— まず簡単に自己紹介をお願いできますでしょうか。社内での役割、仕事内容について教えてください ウォンテッドリー株式会社の執行役員エンジニアの久保長です。Wantedly Visitというサービスのプロダクト責任者を担当しています。 ウ…

【Product Manager 1on1】参加者募集のお知らせ

現役プロダクトマネージャーとして活躍中の皆さんのお悩み相談会(1on1)を、2018年の11月末までに100回実施いたします。 時間:1h〜1.5h場所:弊社会議室(渋谷駅徒歩5分)時間帯:日中あるいは20:00ぐらいまでゴール:ご自身の悩みや課題についてお話を伺…

Frictionless Customer Experience の3原則

1. 顧客が欲しいと言う前に与えよ2. プロダクトがユーザーの置かれている状況に合わせよ3. ユーザーに画面やボタンをタッチさせるな Face IDもApple Payも要はこれ。無くても困らないけど一度慣れると戻れない。意図と結果の間の手間をどれだけ減らせるか、…

Social Issue × Product × Scalability

我々は3つの特徴を持つ企業である。 第一に、我々はSocial Issue(社会課題)に取り組む企業である。社会課題とは、それを解決することで世の中の構造的問題によって負を被る人が減少したり、世の中が良い方向に前進するような課題のことである。社会課題の…

これからの日本を生きるための新常識(書評:モチベーション革命)

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book) 作者: 尾原和啓 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/09/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る この本はとても「当たり前」のことが書いてある。当たり前な…

モナコインで体験するトークン・エコノミー #MONA @mizuki_tanno

先日のPMカンファレンスでは、Omiseの宇野さんにトークン・エコノミーについて講演していただいた。 講演冒頭の「ビットコインを持っているという人は手を上げてください」という会場への投げかけに対して、手を上げた参加者は400席中10名ぐらいだっただろう…

プロダクトマネージャーカンファレンス2017、無事終了しました。 #pmconfjp

プロダクトマネージャーカンファレンス2017の2日間の日程を無事終える事ができました。多くの方にご参加いただき、来場者、登壇者、スポンサー、スタッフ、全ての関係者の皆さんに感謝です。 (開催予告の後、開催告知をすることなく終了のご報告になってし…

娘のサマーウォーズ2017を振り返る

子どもたちの夏休みが終わった。 今年の夏休みは小学生の娘にとって特別な夏になったように思う。娘はこの夏、ある「施設」に入り浸っていた。所謂子どものためのMakers Labのようなところで、3Dプリンタやレーザーカッターなどの最新設備を自由に使うことが…

『価値のインターネット』時代のプロダクトマネージャーへ

先日なにかと話題のVALUに登録してみました。 「プロダクトマネジメントの悩み聞きます(ただし話を聞くだけで悩みの解決はしません )」という無責任な優待を公開してみました。現在公私ともに忙しく、時間が作れないので売り出しはしないかもしれませんが…

(予告)プロダクトマネージャー・カンファレンス2017を開催します

昨年の10月に第一回目を開催したJapan Product Manager Conferenceですが、第二回目を年内に開催予定です。去年と同じ実行委員メンバーで既にキックオフし、現在企画を詳細化してます。 こちら↓の画像は昨年の登壇者の皆さま。すごいです。第一回目にも関わ…

GEの復活とプロダクトマネージャー制

GEが「シリコンバレー式」の価値創造プロセスを取り入れる過程を取材して書籍化した本書。めちゃ面白い。 GE 巨人の復活 作者: 中田敦 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2017/06/13 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る リーマン・ショックを機…

プロダクトマネージャーなんていらない?

プロダクト開発において「プロダクトマネジメント」は必須だ。ユーザー課題を解決できる、技術的/社会的に実現可能、経済的継続性がある(要は儲かる)、そんなプロダクトを定義して実現し、世に送り出すこと。ざっくり言うとこれがプロダクトマネジメントで…

モデリングしてますか?

インターネットサービスは非常に多くの要素が相互作用する複雑なシステム。システムの理解にはモデリングが必要だ。問題というものは定義しないと解決出来ない。同様にシステムはモデリングしないと振る舞いを変えられない。モデル化することでシステムの過…

プロダクトマネージャーに訊く #9:Increments及川さん

— 今回はIncrementsでQiitaのプロダクトマネージャーを担当されている及川さんにお話を伺います。早速ですがQiitaの概要やサービスコンセプトについて教えてください。 Qiitaはエンジニアのための情報共有コミュニティサイトで、様々なユーザーが技術の習得…

大人にも読んで欲しい「はじめてであう すうがくの絵本」

子どもが読んでいた絵本にとても感銘をうけたので紹介する。 はじめてであう すうがくの絵本 (1) 作者: 安野光雅 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 1982/11/20 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (29件) を見る 本書は足…

ランニング再開に向けて治療中

昨年の年始からランニングを始めて走ることが習慣としてすっかり定着していたのだが、この3ヶ月一度も走れていない。原因は右足の裏にできたウオノメだ。最初は「素足で歩くとちょっと違和感があるな」という程度だったのだが、放置しておいたら痛くてまと…

読書メモ: 教育者のための「計算論的思考」入門ガイド

先日発売したComputational Thinking(CT、計算論的思考)の入門書を早速購入。著書の一人は以前このブログでも紹介したキキ・プロッツマン氏。 Computational Thinking and Coding for Every Student: The Teacher’s Getting-Started Guide 作者: Jane Krauss…

読書メモ:スノーピークのプロダクト開発とマネジメント

アウトドア・ブランドのスノーピーク、山井社長による著書。 スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営 作者: 山井太 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2014/07/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「私達は自らもユーザーである…

読書メモ:Harley Davidson Japan(HDJ)のマネジメント

昨年、10数年ぶりにバイクに乗ったところ思いのほか楽しく、勢いで大型二輪の免許を取得してしまった。ドラマ「Beautiful Life」でTW200に乗るキムタクに感化されて普通二輪の免許したので、教習所は15年ぶり。以前乗っていたのが120kg程度のFTRだったことも…